「公務員保育士」求人サイトランキング

 

 

 

 

「公立保育園」と一概に
言われますが…

 

 

現在目まぐるしく法改正などで
保育士を取り巻く環境が変化
してきています。

 

 

かつては、
保育に欠ける子どもを預かる
社会福祉施設としての役割が
大きかった保育園ですが、
現在幼児教育の場としても
スタンダードになりつつあります。

 

 

 

つまり、
社会福祉施設から
どちらかといえば
幼児教育施設としての
役割が強くなっているんです。

 

 

そこで、
社会福祉の拡充に努める
行政や自治体ではなく・・・

 

 

 

民間の株式会社などの
営利団体も算入させていくことで
サービスを充実させていこうという
狙いもあるそうなんです。

 

 

 

まあ、
これは言ってしまえば建前です。

 

 

ホンネは、
少子高齢化・労働人口の減少で
行政の財政が逼迫しており、
民営化してコストダウンできる
事業はすべてアウトソーシングする
動きが高まっています。

 

 

 

そして、
公立保育園もその中の一つであり、
従来の「公立保育園」が民営化され・・・

 

 

 

現在、
「公設公営保育園」と
「公設民営保育園」に
2分化されています。

 

 

 

「公設公営保育園」は、
国や市区町村など
地方自治体が設置し、
設置者が運営している保育園です。

 

 

また、
「公設民営」保育園
正規職員としてで働く保育士さんは、
国や地方自治体に直接雇用された
公務員という扱いになります。

 

 

 

 

「公設民営」保育園は、
国や市区町村など
地方自治体が設置し
民間企業が運営している保育園です。

 

 

 

保育園の運営母体は、
設置者である国や地方自治体などの
公的機関が募集して、審査に通って
選ばれた企業です。

 

 

 

以前は、
こういった公立保育園のなど
公共施設の運営は…

 

 

 

社会福祉法人やNPO法人など
地方公共団体が出資している法人、
または公共団体や公共的団体にしか
運営や管理委託できないとされていました。

 

 

 

 

しかし、
2003年の法改正により、
地方自治体の指定する団体であれば
営利企業(一般の会社)でも
運営ができるようになりました。

 

 

 

ただこれには、定期的な審査や
基準を満たす必要があり、
契約を更新する必要があります。

 

 

 

それを満たせなければ契約解除など
運営期間などは決まっていません。

 

 

つまり、
「公設民営」保育園で
働く保育士としたら…

 

 

 

運営企業が地方自治体との
契約更新ができなければ、
突然その保育園で働けなくなって
しまう可能性もあるんです。

 

 

 

さらに、
働く先の保育園がなくなれば
解雇されてしまう可能性も
十分あります。

 

 

 

救済措置として、
そのままその保育施設を
新しく運営する企業から
再雇用されたとしても…

 

 

 

再度雇用契約を結んだり
労働条件での交渉を
行わなければならいかも
しれません。

 

 

 

それって、
かなり不安ですよね?

 

 

 

じゃあ、
「公設公営」保育園で働けば
安泰化といわれると…

 

 

 

現在、
政府は公立保育園の民営化を
どんどん進めており、最終的には
公設公営の保育園を無くす意向を
発表しています。

 

 

 

そうなるとそこで働いていた
公務員保育士はどうなるのでしょうか?

 

 

多分、
行政側の都合で解雇はできませんので
保育士以外の公務員職に就かなければ
ならないでしょう。

 

 

せっかく、
保育士国家資格を取得して
公務員試験まで受けて、
公務員保育士になったのに…

 

 

 

公務員保育士として働き
続けられないなんて、
かなり腹が立ちますよね?

 

 

 

でも、
これが現在私たちが働いている
国家政府の意向です。

 

 

 

それも、
この政策の理由が
「財政負担を減らすため」です。

 

 

 

保育園への補助や
女性の社会進出の手助けを
怠ってきて今更・・・

 

 

 

少子高齢化と労働人口の低下に
歯止めがかからないからと言って、
さらに保育園のコストカット。

 

 

 

これってさらに少子高齢化が
進むとしか思えません。

 

 

 

こんな政府や地自法自治体を
あてにしたり「公立保育園」に
固執するのはバカバカしいですよね?

 

 

 

そこで、
私立保育園を経営する
民間企業の中から、
保育士の働きやすさや
給与・待遇UPを独自に始める
動きがあります。

 

 

 

行政を変えるのではなく、
まずは市井に合って民意を
動かしてゆくことです!

 

 

 

その第一歩となるのが、
あなた自身が待遇の悪い保育園で
働き続けないことや公立保育園よりも
良い待遇の保育園を選択することです!!

 

 

 

ぜひ、
あなた自身の待遇改善と
保育業界全体の待遇改善を
目指して行動してゆきましょう!

 

 

 


行政が変わらないからと言って
投票権を無駄にしないでください!

 

 

「白票」という選択肢もあります!!