「公務員保育士」求人サイトランキング

公立保育園の保育士の年収っていくら?

公務員 保育士,保育士 給与,保育士 月給,潜在保育士,

 

 

 

最近のデータを見てみると…

 

 

 

保育士さんの平均年収・平均月収は

 

以下の通りでした。

 

 

さらに⇒保育士の平均貯金額のデータとは?

 

 

比較のため全業種の平均と、
公務員の平均の年収・月収も
掲載しています。

 

 

 

年収

月収

公務員保育士

365万3千円

30万4千円

保育士全体

214万円

17万9千円

公務員全体

410万円

34万千円

全業種

325万6千円

27万千円

 

 

 

このように見てみると、
保育士全体の平均年収・月収の
低さが分かると思います。

 

 

 

これは、
私立保育園の離職率の高さから
勤続年数が少ない労働者が
中心になっている事や、
非正規・短時間労働として
従事する方が多いという点
からこういった結果に
なっていると考えられます。

 

 

 

しかし、
注目したいのは...

 

 

 

公務員全体の給与と比較した時の
公務員保育士の年収・月収の
低さにあります。

 

 

 

全業種的に見れば、
公務員保育士の年収・月収は
平均あたりです。

 

 

しかし、
公務員全体からすると、
50万円近くも低いという
結果になっています。

 

 

 

これって、
公務員保育士に対するの意向が
如実に表れている結果だと
私は感じます。

 

 

 

というのも、
現在政府は保育に関する経費を
削減するために公立保育園の
民営化を推し進めています。

 

 

そして、
最終的には公設公営保育園は
全く無くしてしまうという
方向で進んでいます。

 

 

しかし、
地方自治体に運営されていた頃から
財政的にギリギリだったものが、
単純に民営化されることによって
コストが削減されるのでしょうか?

 

 

 

さらに、
株式会社など営利団体の参入も
許可してしまっているのですから...

 

 

そのギリギリの状態から、
さらに利益を出さなければ
ならないでしょう。

 

 

どうやって、
コスト削減・利益を出すかと
言えば単純に…

 

 

保育士の人件費を削ると
いう事がいちばん最初に
行われるでしょう。

 

 

 

終身雇用され、
労働に見合った賃金を
支払われていた公務員保育士
減らしてコストを削減する。

 

 

その穴埋めには、
直接運営する民間会社が
独自の賃金体系で雇用した
社員が充てられる。

 

 

それは、
正社員でなくっても
良いわけです。

 

 

 

さらに、
そういった保育士の人数も
最低限度ギリギリまで減らすので
事故やケガが発生しやすく
なるでしょう。

 

 

 

それを未然に防ぐため、
保育士の負担は増えて、
ストレスフルな職場に
なるでしょう。

 

 

常に余裕がなく、
ピリピリイライラした保育士
集まれば人間関係がこじれるのは
時間の問題です。

 

 

 

こういった利益優先の保育園が
増えれば...

 

 

 

保育士の離職率はさらに
悪化するでしょう。

 

 

 

そもそも、
国や地方自治体の財政難のために
保育園民営化が行われていますが
こういった事の元凶は…

 

 

 

20年以上待機児童問題を放置し
少子高齢化に歯止めをかけられなかった
行政にも問題が多くあります。

 

 

そして、
現在労働人口が確保できず
税金が減少し財政難に陥ったため
コストカットをしている。

 

 

20年前に待機児童問題を
早急に解決して子どもを安心して
産める環境を整えていれば
これほど労働人口の確保に
困っていたでしょうか??

 

 

 

20年前は赤ちゃん・保育園児でも
20年後には日本の経済を支える
労働力です。

 

 

 

こういったことから、
少子高齢化を食い止めるには
保育の拡充が必須事項だという事は
明白な事実です。

 

 

 

そんな中での、
保育園民営化は…

 

 

 

保育士の離職率を高め、
待機児童問題を悪化させる
だけではないのでしょうか??

 

 

そしてさらに少子高齢化は進み、
日本経済はいつか破たんして
してしまうのではないでしょうか??

 

 

こういった現状を憂いて、
民間の保育事業者の中から
独自に保育士の給与や待遇改善を
行っている企業が増えてきました。

 

 

この保育士不足の中、
黙っていても保育士が入ってくる
公立保育園と違って、民間の保育園は
保育士確保に必死です。

 

 

 

私立保育園=ブラック
公立保育園=優良
という昔のイメージから
私立保育園を避ける保育士さんも
まだまだ多くいらっしゃいます。

 

 

 

けれど、
民営化を推し進める
公立保育園に将来があるかと
言えば疑問です。

 

 

 

私立保育園の中にも
優れた延長や経営者が運営する
賃金・待遇が良く働きやすい
保育園もたくさんあります!

 

 

ですので、
今後保育士として働き続けたいと
考えている方は…

 

 

公立保育園にだけでなく、
そういった優良私立保育園も
視野に入れて就職・転職活動を
行っていく方が賢いやり方です。

 

 

ぜひ、
時代の流れに取り残されないように
行動を始めてみませんか?