「公務員保育士」求人サイトランキング

「公立保育園」は減少している?

公務員 保育士,保育士 給与,保育士 月給,潜在保育士,

 

 

 

公立保育園の保育士さんって
とっても人気の仕事です。

 

 

 

それは...

 

 

公務員なので、、
福利厚生が充実、
終身雇用・賃金が高い
働きやすい、将来が安心。

 

 

 

などが主な理由です。

 

 

 

でも実はこれらの、
「公立保育園」保育士
イメージにはいくつか間違いが
隠されています...

 

 

 

そこで、
「公立保育園」の現状について
お伝えします。

 

 

 

「公立保育園」の現状

 

 

まず、
現在公立保育園の中にも
「公設公営」「公設民営」
2種類の区分が存在しています。

 

 

 

そして、
「公設公営」は昔ながらの
国や地方自治体が運営する保育園ですので
そこで勤務する保育士公務員という扱い
になります。

 

 

 

しかし、
「公設民営」保育園は
設置は国や地方自治体ですが、
運営は社会福祉法人やNPO法人
株式会社などの営利法人です。

 

 

 

 

保育士の雇用条件や賃金も、
一定の基準を満たせば、
運営企業が独自で決定できます。

 

 

 

 

ですので、
公立保育園の中でも」「公設民営」
実質私立保育園と同じです。

 

 

 

そして、
現在政府は「公設公営」保育園を
民営化し「公設民営」へと
生まれ変わらせています。

 

 

 

その理由としては…

 

 

 

国や地方自治体の
財政負担を減らすために、
民営化できるものは民営化し
公務員数を削減する為
というものです。

 

 

 

実際にこの保育園不足の中でも
公立保育園数は減っており、
公務員保育士数も減っています。

 

 

 

 

このように、
政府が経費削減のために
公務員保育士の雇用を減らしており、
公立保育士になるためには倍率40倍の
難関地方公務員先用試験を
突破しなくてはならない。

 

 

 

 

新卒から採用試験を受けはじめ
結局年齢制限をオーバーして
公務員保育士になれなかったという
保育士さんをたくさん知っています。

 

 

 

 

難関を突破して公務員保育士
なれたとしても...

 

 

政府は将来的に
公設公営保育園と公務員保育士
すべて廃止するという方向に進んで
います。

 

 

つまり、
公務員保育士になれたとしても
働ける公立保育園が無い、
公務員保育士として働けない
可能性が高いという事です。

 

 

 

将来、
倒産やリストラのリスクが少なく
安定しているという事で
公務員保育士を目指す方も
多いと思います。

 

 

 

しかし、現状公務員保育士
将来が約束されているとは言い難い
現状です。

 

 

 

ですので、
これから公務員保育士を目指したいと
考えている保育士さんには、
公立・私立保育園にこだわらず...

 

 

 

自分に合った、
待遇やお給料の良い保育園を
探してゆくことをお勧めします。

 

 

 

現在保育士不足から、
保育士を集めるためにどの保育園も
給与・待遇の良い条件で保育士さんを
募集しています。

 

 

 

ぜひ、
求人の豊富な転職サイトで
最新の求人情報を
チェックしてみるといいですよ。